MacBook メモリ増設

【Final Cut Pro Xを利用する為のシステム条件】で現在のFinal Cut Pro X (FCPX)の利用環境をご紹介致しました。
Final Cut Pro X の最低システム条件ギリギリの環境です。
作業環境を改善する為にはMacBookですのでグラフィックスカードを交換したりCPUをグレードアップすると言う事は無理なので、唯一手を付けれる部分でメモリを増やす事で少しはマシにならないか試してみました。

メモリの増設
4GBメモリを積んでましたが、今回MAX8GBにしてみました。
※MacBook(MB466J/A)は公式には最大4GBまでしかサポートしていません。
今回は自己責任にて、8GBまでメモリを増強してみました。(同様の機種で8GBまでメモリを増設しても正常に作動するかどうかはわかりません)

MacBook メモリ増設 の続きを読む ⇒

カテゴリー:その他

ジェネレータ(クリップにタイムコードを表示)

Final Cut Pro X (FCPX)には様々な目的で利用する事が出来る「ジェネレータ」と言うビデオクリップが用意されています。その中から今回は「タイムコード」を使いタイムライン上に配置されたクリップにタイムコードを表示させてみます。

ジェネレータ(クリップにタイムコードを表示) の続きを読む ⇒

カテゴリー:エフェクト

Final Cut Pro Xを利用する為のシステム条件

Final Cut Pro Xを利用するには、システム条件がそろっていないとインストール出来ません。
(App Storeで購入しようとしても、システム条件を満たしていない場合は「購入処理を完了出来ませんでした」のメッセージが現れて購入出来ないようになっているはずです。)

〔Final Cut Pro X 最低システム条件〕

Appleが提示しているステム条件は下記のようになります。

  • Intel Core 2 Duo以上のプロセッサを搭載したMac
  • 2GBの実装メモリ(4GBを推奨)
  • OpenCLに対応したグラフィックカードまたはIntel HD Graphics 3000以降
  • 256MBのVRAM
  • 解像度1,280×768ピクセル以上のディスプレイ
  • Mac OS X v10.6.7以降
  • ProKit 7.0以降
  • 2.4GBのハードディスク空き容量

Appleサイトの→[Final Cut Pro X技術資料]
となっております。
特にグラフィックカードについては重要です。
詳しくは【Final Cut Pro X, Motion 5, Compressor 4:グラフィックカードの互換性】
をご覧になって下さい。
で、この最低システム条件で動くのか?(実際に利用出来るのか?)と言うのは結構気になる方もいらっしゃるのでは…
と言う事で、私のFinal Cut Pro Xの利用環境をご紹介したいと思います。

Final Cut Pro Xを利用する為のシステム条件 の続きを読む ⇒

カテゴリー:はじめに

アップデート(10.0.1)

Final Cut Pro 10.0.1がリリースされました。
App Storeからアップデートが行えます。

バージョン 10.0.1 の新機能

このアップデートにより、全体的な安定性とパフォーマンスが向上し、以下の機能が追加されます

  • ロール機能を使用して、オーディオおよびビデオのステムを 1 つのマルチトラック QuickTime ムービーまたは個別のファイルとして書き出せます
  • 他社製のワークフローに対応するために、XML の読み込みと書き出しができます
  • 編集者間の共同作業を向上させるために、プロジェクトやイベントを Xsan 上に置くことができます
  • プロジェクトにカスタムの開始タイムコードを設定できます
  • 接続クリップに 1 回の操作でトランジションを追加できます
  • OS X Lion でフルスクリーン表示を有効にできます
  • GPU アクセラレーションをオンにした書き出しにより、配信速度を向上できます

このアップデートは、すべての Final Cut Pro X ユーザにお勧めします。
と言う内容になっています。

アップデート(10.0.1) の続きを読む ⇒

カテゴリー:その他

クリップの色を合わせる(マッチカラー)

映像編集では様々なシチュエーションで撮影された素材をつなぎ合わせて行く場合が多々あります。
朝のシーンや夕暮れのシーン、室内や室外等々。
また、同じ場所でも撮影する設定が違っていたりと…
本来はキチンと撮影時に色を合わすべきなのでしょうが、編集の事を考えて前後のカットの色に注意して撮影すると言った事は素人では難しい物です。
Final Cut Pro X (FCPX)では、そのような色調違いのクリップの色調を合わせる機能があります。

クリップの色を合わせる(マッチカラー) の続きを読む ⇒

サイトマップ

Final Cut Pro X ガイドブック

このページの先頭へ

イメージ画像