トランジションを使う


カットとカット(クリップとクリップ)が切り替わる部分を様々な効果のエフェクトで切替る事が出来ます。
ファイナルカットプロXには、カットとカットを繋ぐトランジションエフェクトが数多くプリセットで入っています。
色々あってどれを使うか迷いそうですが、人によれば使えるトランジションは数個だけ…って方もいるかもしれません。
人それぞれで、扱う素材によっても使うトランジションは異なってくると思います。
今回は個人的に使いやすい「クロスディゾルブ」を使ってみたいと思います。

トランジションを選ぶ

トランジションを選ぶ
ツールバーからトランジションをクリックします。
数々のトランジションが表示されますが、今回は「クロスデゾルブ」を選びます。

トランジションを配置する
トランジションエフェクトをタイムラインのクリップへドラッグします。
この時、効果を与えたいクリップとクリップの境目にドラッグして挿入します。

効果時間の簡単な変更
配置したトランジションは再生して効果を確認して下さい。
トランジションとクリップの境目を左右にドラッグする事で、効果の時間を変更する事が出来ます。
但し、トランジションの前後のクリップの再生時間によっては時間を変更する事が出来ない場合があります。
詳しい内容は、また別途記事にしたいと思います。



FinalCutProX

サイトマップ

カテゴリー:トランジション

FinalCutProX
Final Cut Pro X ガイドブック

このページの先頭へ

イメージ画像