アップデート(10.0.1)


Final Cut Pro 10.0.1がリリースされました。
App Storeからアップデートが行えます。

バージョン 10.0.1 の新機能

このアップデートにより、全体的な安定性とパフォーマンスが向上し、以下の機能が追加されます

  • ロール機能を使用して、オーディオおよびビデオのステムを 1 つのマルチトラック QuickTime ムービーまたは個別のファイルとして書き出せます
  • 他社製のワークフローに対応するために、XML の読み込みと書き出しができます
  • 編集者間の共同作業を向上させるために、プロジェクトやイベントを Xsan 上に置くことができます
  • プロジェクトにカスタムの開始タイムコードを設定できます
  • 接続クリップに 1 回の操作でトランジションを追加できます
  • OS X Lion でフルスクリーン表示を有効にできます
  • GPU アクセラレーションをオンにした書き出しにより、配信速度を向上できます

このアップデートは、すべての Final Cut Pro X ユーザにお勧めします。
と言う内容になっています。

アップデートを実行する

早速アップデートを行ってみます。

App Storeへ
Dockに[App Store]が登録してある場合は、アイコンにアップデートを示す赤丸が表示されていると思います。
クリックしましょう。
Dockに登録していない場合は、アップルメニューから[App Store]を選びます。

アップデート
App Store画面の上部にあるアイコンの一番左端にある「アップデート」をクリック

Final Cut Pro 10.0.1 確認
Final Cut Pro バージョン 10.0.1を確認。
右端の「アップデート」をクリック

IDとパスワード
Apple IDとパスワードを入力しサインインをクリックします。
アップデートが開始されますので、完了するまでしばし待ちましょう。
ファイル容量は約1.44GBです。

アップデートの完了
アップデートが無事完了すると、「インストール済み」に変わります。
これでアップデート完了です。
App Storeに用が無い場合は、これで終了してOKです。

プロジェクトとイベントの確認メッセージ
アップデート終了後、Final Cut Pro X(FCPX)を起動すると、このようなメッセージが表示される場合があるかもです。
(私の環境で表示されたものであり、全てのユーザーが表示されるのかは解りません。)

私の場合は、そのままOKにしましたが、プロジェクト及びイベントには別に不具合等はありませんでした。
しかし、全てのユーザーがそのままOKして大丈夫かは解りません。

FCPXに精通されている方でしたら、別に何の疑問も無く処理する部分なのでしょうがユーザーによっては「??」と混乱する方もいらっしゃると思います。
アップデート前に、事前準備として確認や回避策などを案内してくれれば素人ユーザーとしては安心だと思うのですが…




FinalCutProX

サイトマップ

カテゴリー:その他

FinalCutProX
Final Cut Pro X ガイドブック

このページの先頭へ

イメージ画像