クリップの色を合わせる(マッチカラー)


映像編集では様々なシチュエーションで撮影された素材をつなぎ合わせて行く場合が多々あります。
朝のシーンや夕暮れのシーン、室内や室外等々。
また、同じ場所でも撮影する設定が違っていたりと…
本来はキチンと撮影時に色を合わすべきなのでしょうが、編集の事を考えて前後のカットの色に注意して撮影すると言った事は素人では難しい物です。
Final Cut Pro X (FCPX)では、そのような色調違いのクリップの色調を合わせる機能があります。

マッチカラー

クリップの選択
タイムライン上にある色を合わせたいクリップを選択します。

マッチカラーの実行

マッチカラーを実行するアプローチは4つあります。

マッチカラーを選択
[変更]メニューから[マッチカラー]を選択。
②ショートカット[option]+[command]+[M]

補正からマッチカラー
③ツールバーの「補正」ポップアップメニューから[マッチカラー]を選択。

インスペクタからマッチカラー
④ツールバーの「インスペクタ」ボタンをクリック
[Effects][マッチカラー]チェックボックスをクリックするか、選択ボタンをクリック。

合わせたいクリップのフレームを選ぶ

合わせたい色調のフレームを選択する
[マッチカラー]を選らぶとプレビューウインドに選択したクリップの映像と共にメッセージが表示されます。
メッセージに従い、合わせたいクリップのターゲットとなる色調のフレームを選びクリックします。

マッチカラーを適用させる
選択出来たら「マッチを適用」をクリックします。

マッチカラーの終了
初めに選択したクリップの色調が調整されました。
希望通りの色調に変更されていればこれでOKです。
もしイメージ通りでは無い場合は、カラーボードを使い手動で調整すると良いでしょう。
また、マッチする前と後を比較したい場合などは「インスペクタウインド」[Effects]の[マッチカラー]チェックボックスをクリックする事でマッチの有り・無しを切りかえれます。

注意点として

マッチカラーは非常に便利な機能ですが、万能ではありません。
撮影されたクリップの状態や、様々な要素によって上手に色調がマッチしない場合があります。
また、色調補正を行った場合に撮影された素材によっては画像劣化が目立つ時もあります。
様々な素材で「マッチカラー」を試して、色々と自分なりに研究してみて下さい。




FinalCutProX

サイトマップ

FinalCutProX
Final Cut Pro X ガイドブック

このページの先頭へ

イメージ画像